短歌とTANKA

快楽                      喜多弘樹

  • HOME »
  • 快楽                      喜多弘樹

高鳴れるものをひさしく零(こぼ)しきて梔子の花匂ひくる昼

 

万策の尽くれど人は生きるべし春星のごとおぼろおぼろに

 

 

狂ほしく荒き草ぐさかきわけて笹百合の蕊にわれ受粉せむ

 

なげやりのこと多くして博打狂治せぬやまひのみただしけれ

 

 

山が鳴る地が鳴る春の夕べなり世渡りべたの男居たりき

 

萎えてゆくものたましひも男根もこの世の快楽(けらく)呑みつくせしや

 

口づけをなしたることも遠ぞきて赤き火星をしんみり仰ぐ

 

男さびしく女さびしくありたれと風やはらかく語らひにけり

 

「ちちもみまへんか」」なつかしき声ありてホテル関西ありて

 

通天閣の真下に集ひ詩を語りし青臭き日のふたたびはなし

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Copyright © NADUNOKI ナヅノキ なづのき All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.