短歌とTANKA

温泉異郷                   龍本那津子

  • HOME »
  • 温泉異郷                   龍本那津子

亡き友に誘はれつつ岩路行き温泉郷に我は佇む

名も知らぬ温泉郷に行き交ひし見知らぬ顔の懐かしき人々

雑踏に友見失ひ行き惑ふ温泉町はいつまでも夕暮れ

尋ね人は泥湯にありと我に告げし前歯大きな饅頭売りの男

仄暗き泥湯の小屋を巡りては友探すわれを呼ばふ声あり

暗きより身を起こしたる影一つ母の声もて我が名を呼びぬ

闇の奥の母なる声に誰何せりはや我が母は灰にてませば

秘湯には死者も混じりて横たはる手招く妣は血のごとく赤し

われを呼ぶ妣にオマヘハニセモノダと叫ぶや戸を叩きつけ逃ぐ

山妣の赫き膚に慄きて咎数えつつ岩路駆け下る

罪ゆゑにわれを招くか山姥ははた酒一杯の見せし悪夢か

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Copyright © NADUNOKI ナヅノキ なづのき All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.