短歌とTANKA

花なれば      喜多弘樹

  • HOME »
  • 花なれば      喜多弘樹

飛べよ飛べ杉の花粉の黄緑のかなしみ涙もつ者のため

永遠に春などめぐり来るなかれわれ花なれば心病みにき

破財者に老いのゆたけき日々なけむハレー彗星いづこを往くや

精液を吐きつづけゐし少年もああこれの世の骸なるべし

いのちなるべし、いのちなるべし。ごみ袋にいのち詰め込む春のあけぼの

断首(ギロ)台(チン)のごときビル街音たてて刃が光るたび血の匂ひくる

かがなべて幾夜を寝しや白きものまじれる髭の伸びてそよげり

野に砲車置きて去りたるものの跡若菜をもちてひそと飾りぬ

追はれきて山に帰れる日もあらむ檜原がくれの湧井の椿

食(じき)断ちのひじりのふぐりゆらゆらと春風に乗りただよひをらむ

2020年12月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
Copyright © NADUNOKI ナヅノキ なづのき All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.